イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンってどんなもの?

「イソフラボン」はフラボノイドの一種で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで世界中から注目されている成分です。
イソフラボンは、マメ科のほとんどの種類に多く含まれており、現在は15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

イソフラボンの効果としては、エストロゲンと似た活性作用を持つため「更年期障害の予防」「骨の形成・骨粗しょう症の予防」「ガン予防」「美容効果」などがあげられます。すでに多くの健康食品やサプリメントとしてCソフラボン製品が発売されており、また食材についても定期的な豆ブーム、イソフラボンブームなどによってスーパーやコンビニなどには常に大豆製品が並んでいます。

私たち日本人は古くから、大豆中心の食生活に慣れ親しんで来ました。豆腐やみそ汁、豆を使ったお惣菜などを通して一日のうちに何度もイソフラボンを摂取してきました。欧米でも、日本人の長寿の秘訣が大豆イソフラボンを含む食材を中心とした「和食」にあるとして大変注目されているそうです。

しかし、日本人の食生活が欧米化するようになってからは大豆中心の食事からも必然的に遠ざかっており、イソフラボンを食品から摂取する機会が少なくなってきていると指摘されています。つまり、欧米の人々と同じようにサプリメントから摂取するケースが多くなってきているということです。「和食が健康に良い」とよく言われるのは、単に油ものを摂らないからというだけではなく、イソフラボンをはじめとする様々な栄養素がバランスよく摂れるからという理由もあるのです。

イソフラボンは人にもよりますが、美容効果を高めるものとして毎日摂取したい栄養素といえます。男性ならば男性ホルモンの過剰な分泌を抑制することで代謝機能を正常化し、抜け毛や育毛などに効果があります。女性は言うまでもなく体調不良の改善、更年期症状の緩和、ガン予防など様々な婦人病に効果を期待することができます。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説