イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンは子供が摂取しても大丈夫か

美容に効果があるといわれる「イソフラボン」は、摂取にあたって用量をしっかりと守らなくてはなりません。その理由は、身体ができあがっている大人でも一日の必要量を超過してしまうとホルモンのバランスが乱れたり、子宮や月経周期に影響を及ぼすことが懸念されていることにあります。動物実験によっても、精巣や卵巣に影響があることが既に分かっています。

食品安全委員会がまとめた「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」では、1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値は70~75mgとしており、そのうちサプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまでが望ましいと定めています。

しかしながら、これはあくまで15歳以上の方に限った用量であり、妊婦や乳幼児、15歳以下のお子さん関しては通常の食事以外でイソフラボンを摂取することは推奨されていません。
発育途中の身体はデリケートであり、あくまで食品をバランスよく食べて大きくなることが重要です。言い方はおかしいかもしれませんが「効果が強く出る」という問題があるのナす。そのため、サプリメントを服用する場合は大人よりも少量にするか、大豆を使用した食品からイソフラボンを摂取することをおすすめします。

しかし、副作用を危惧するあまりに大豆製品を摂らさなさすぎるのも問題ですので、お子さんのホルモンバランスの整った身体づくりを応援してあげるためには親御さんが栄養状態を考えて食事を作ったり、サプリメントを飲ませてあげる必要があります。

大人にとっては効果がなくても、子供の場合思った以上に強く副作用が出てしまうおそれがあります。通常の食生活で豆腐や納豆を食べてイソフラボンを摂取するのはまったく問題ないとされていますが、もしもイソフラボンの副作用を心配するならば、15歳に満たないお子さんや妊婦の方に関してはあまりたくさん大豆製品を摂らないようにしたほうがよいでしょう。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説