イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンの最適な摂取量

女性に人気の美容物質イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似たような役割を担うことから体調改善に効果が期待されている一方で、過剰摂取した場合については婦人病の悪化や発がんの危険性を高めるともいわれているそうです。
特に、乳がんの病歴をお持ちの女性やヨウ素欠乏症の疑いのある方、甲状腺に疾患がある方の過剰摂取は注意が必要との事。妊娠している女性や乳幼児についても、過剰摂取すると何らかの副作用が現れないとも限りませんので、用量を守るかもしくは控えておくことが望ましいとされています。

大豆イソフラボン一日の摂取量の目安として、食事以外のサプリメントなどで摂取する場合の、一日の摂取量の目安を30mgと定められています。豆腐で約半丁分(150g)に含まれている量に相当するもので、決して途方もない量ではありません。これなら、みそ汁や豆腐を使った料理からすぐ摂取できそうにも思えます。
近年、大豆イソフラボンが内分泌機能への影響や内分泌かく乱作用を持っていると発表になり、ヒトへの健康影響の可能性などについても深刻に議論されるようになりました。
摂取量や性別などによっても違いはありますが、本人や家族に乳がんの病歴がある女性、婦人系の疾患を患っている方については、あらかじめ医師の診断をしっかりと仰ぐ必要性があります。

ちなみに、私たち日本人の場合は納豆やみそ汁などの食品から定期的に大豆イソフラボンを摂取することができます。なので、サプリメントに頼らずとも和食中心の食生活を心がけているだけで、十分に必要量のエストロゲン作用を有する大豆イソフラボンを摂取していると考えられます。
大豆イソフラボンの植物エストロゲン作用については、まだまだ不明な点が多く十分に解明されていない部分も多いです。なので、摂り過ぎないようにと過剰に反応する必要はないようにも思えますが、服用に際して定められた用量だけはあらかじめしっかりと守るようにしたいものです。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説