イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンの効果について知る

イソフラボンは大豆の芽である胚軸に多く含まれています。
このイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをすることになり、この効果はコレステロール値の上昇を抑えることができたり骨粗しょう症の予防や心筋梗塞等の予防ができます。
悪玉コレステロールを抑える働きがあるので、男女問わず必要になります。
女性ホルモンが減少をしていく更年期には、更年期障害の症状が緩和がする効果があります。
イソフラボンは抗酸化作用があり、活性酸素を除去することができるようになり生活習慣病の予防や美容等に効果があります。
このイソフラボンは納豆や豆腐、豆乳、油揚げ、きな粉等に多く含まれており、こうした食事やサプリメント等で摂取することができます。
毎日の食事でお味噌汁でお豆腐を食べたり朝は納豆を食べることがよくありますが、手軽にこのイソフラボンを摂取しています。
またこの大豆イソフラボンは肌に塗っても副作用がなく、肌をきれいに保つ効果があります。
現在は化粧水等にも大豆イソフラボンが含まれている商品が多く販売されています。
日常の食事においてはこの成分が多く含まれている食品をバランス良く食べることで、健康に効果があります。
またカルシウムや食物繊維が豊富である食品と食べることで効果が上がるようになります。
筋肉がつきやすくなる体質の方々もいますが、これを過剰に摂取することは避けるようにすることが必要であり、豆乳等は1日の摂取量を守ることが必要になります。
また豆乳は低カロリーでありダイエット向きになります。
食品からこの成分をとる場合は食べすぎない程度の摂取をすることで問題がなく安全になります。
不足する場合にはサプリメントで補う方法もあります。
ほとんどの日には納豆や豆腐等を食べているので、今はサプリメントで補う必要はありません。
サプリメントで補う場合は摂りすぎに注意をするようにします。
こうしたサプリメントの製品は各社より販売がされています。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説