イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンと生理の関係について

"私は現在36歳の専業主婦です。
子供は2人います。
半年ほど前から排卵痛と生理痛に悩まされいました。
特に排卵日あたりに腹部が腫れているような痛みがあり、横になっていなければいけないような痛みでした。
また、生理の量も一年ほど前からばらつきがあり病院に行くことになりました。
病院での検査の結果は以上はなにも見つからず、ホルモンバランスの崩れではないかということになりました。
病院では、ホルモンの薬やピルを飲んで生理をコントロールする方法があるといわれました。
しかし私は友人の母がホルモン治療の薬で乳がんになったのではないかと聞いたことがあったので、抵抗があり、お薬での治療はやめることにしました。
それでまずは いろいろな女性のホルモンについて書かれている本をたくさん読み、勉強しました。
ほとんどの本に書かれてあるのは、大豆に含まれるイソフラボンでした。
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるとのこと。
食生活を正しくすることはいいことだというのは誰でも知っているし健康につながるものだとテレビを見ても本を読んでもみんなが言うことです。
しかし、実際にいろいろやってみたものの、いいとは思うけどものすごい効果が目にみるように現れた、ということは今まで経験したことがなかったので、半身半疑ではあったものの生理痛や排卵痛を少しでも和らげることができるならと始めてみることにしました。
まず 大豆製品、納豆や豆腐を一日2

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説