イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

大豆食品になどに多く含まれているイソフラボンと癌について

イソフラボンの栄養価値は、女性ホルモンと似たような働きがあるといわれています。
特に更年期障害の女性の症状を緩和したという例が後を経ちません。
成分的にもカルシュウムを多く含んでいることからも、骨粗鬆症にも効果が期待できる食品であると厚生労働省のホームページにおいても、呼びかけがなされています。
イソフラボンと癌については、特に女性特有の子宮がんや乳がんなどに対して女性ホルモンと似たような働きをすることから、補助食品として緩和できうる効果が期待できるとされて推奨されつつあるようである。
国立がんセンターの研究文章で取り上げられており、健康促進への食品としてだけではなく、イソフラボンのもつポリフェノールの一種として女性ホルモンににた作用があるといわれてきている。
ただし癌の人は摂取を控えた方がいいという説もある。
特に乳がんについての文献の中では、エストロゲン依存性乳がんの患者さんは、大豆性食品や大豆イソフラボンの摂取は控えた方がいいというのが主流であった。
しかし、最近になってエストロゲン依存症乳がん患者であってもイソフラボンや大豆製品の摂取が多いほど、死亡率や再発のリスクが低下するといわれてきていることが、臨床試験結果で報告されてきている。
乳がんにとっては、野菜中心の食生活や漢方薬の服用などによる植物エストロゲン摂取がエストロゲン依存性乳がんの治療後の再発に悪影響を及ぼすのではとの指摘もされています。
一方で、植物エストロゲンは乳がん治療後の再発率を高めないあるいは逆に低下させるともいわれています。
植物エストロゲンであるイソフラボンやリグナンには、他の抗がん作用も報告されてきているからである。
臨床試験結果においては、イソフラボンのサプリメントの危険性も発表されていますから、服用時には前持っての主治医の指示に従った上での服用とした方がいいようだ。
だが、がん患者の死亡低下率が下がったという報告もあることから一概にはいえない。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説