イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

大豆イソフラボン摂取による主な効果

イソフラボンはフラボノイドの一種で、女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをする天然成分です。
美容効果やダイエットだけでなく、更年期障害や骨粗鬆症などにも効果が期待できると言われていますが、実際の効果はどうなのでしょうか。
大豆イソフラボンには、肌の調子を整える作用があるため、成分が配合された化粧品やスキンケア用品がたくさん販売されています。
実際に使用してみると、保湿力がとても高く、使用感はしっとりとしています。
細胞の新陳代謝を高めてくれるので、ハリをもたらせ弾力のある若々しい肌に導いてくれることを実感できます。
人間は加齢とともにエストロゲンの分泌量は減少していき、更年期を迎えると更年期障害と呼ばれるトラブルが発生します。
イソフラボンを摂取することでエストロゲンの不足を補い、更年期障害を予防できるのです。
さらに、大豆イソフラボンにはガンの予防にも効果が期待できるということが研究で明らかになっており、医療業界でも注目されている成分なのです。
大豆イソフラボンを多く含む食品は、摂取することでカルシウムの流出を防ぎます。
そのため、骨粗鬆症の予防にも効果があるのです。
牛乳や小魚、青物などのカルシウムを多く含んでいる食品と組み合わせて摂取することで、より効果的にエストロゲンは働いてくれます。
食べ合わせとしても夕食でまかなえる程度なので、とても簡単に摂取できるので大豆食品の積極的な摂取はおすすめです。
イソフラボンの平均摂取量は17.96mgですが、理想的な摂取量は1日に40mg~50mgです。
こうして数字で見るとわかりにくいかもしれませんが、目安としては豆腐なら約1/2丁、納豆なら1パックと意外と少量で、日常的に摂取できる程度なのです。
他にもきな粉や油揚げ、お味噌汁などでも摂取ができるので、自分が飽きないようにメニューを工夫するとあまり苦にはならないです。
それだけ大豆が含まれている食品というのはたくさんあるということですね。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説