イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンの効果的な摂取方法

イソフラボンは食品では大豆に多く含まれているため、意識して大豆製品を摂取して行くように心がけた食事をすると良いそうだ。
大豆イソフラボンの特徴は女性ホルモンエストロゲン卵胞ホルモンに似た働きをしてくれるとともに、女性の美しさや若々しさなどを助けてくれるという優れた働きをしてくれる。
また、抗酸化物質の一種で、活性化酸素の働きを抑えてくれる。
加齢と共にエストロゲンが減少すると、更年期障害になってしまい体や心のトラブルになってしまう。
そこでイソフラボンは、エストロゲン不足を補うようにトラブル予防に効果が期待できると、注目を浴びてきている。
一方でエストロゲンに似た作用により本来の自然な状態でのホルモン作用が、自然に作用する環境であるかという点についての研究が進められている。
あくまでも女性ホルモンに似た作用をしてくれるという成分にすぎないからである。
だが、イソフラボンを摂取することによってホットフラッシュや更年期障害特有ののぼせやほてりなどといった症状が、改善されたといったケースもあるようです。
大豆イソフラボンは、美肌ホルモンとしての効果が期待できる他、女性特有の婦人科系の疾病や乳がん子宮がんといったがん予防にも、効果が期待できるようである。
骨粗鬆症の場合は、シッカリとカルシュウムを摂取しましょうといった食事のアドバイスと共に大豆製品などからの、イソフラボンを積極的に摂取することを呼びかけているようだ。
摂取量は一日あたり40から50mgを目安に摂取すると良い。
食品での目安は、豆腐二分の一丁、納豆一パック煮豆80gとなっている。
サプリメントでの取り扱いも豊富になってきていて、各社のメーカーで取り扱っている。
購入方法は、インタネットサイトからの申し込みの場合や、薬局、化粧品会社での販売展開をしているところもあるようだ。
また、化粧水、乳液などといった基礎化粧品や洗顔石鹸の成分にも取り入れられている。
試してみたいものだ。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説