イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボン接種のメリットと注意点

イソフラボン、ここ数年で一気に知名度が増した栄養素です。
女性ホルモンの一種エストロゲンと似た働きをすることから、女らしい美しさを求める若い女性からホルモンバランスの崩れる閉経前後の女性に大人気になりました。
美容や若々しさの手助けをしてくれるとともに、加齢によるエストロゲン減少の悪影響への予防になることが広まったからです。
もちろん女性だけに効力があるわけではありません。
骨を丈夫にし、自律神経を整える働きまであるといいます。
髪の毛のハリ、ツヤにも関係してくることから薄毛・抜け毛対策にも期待されています。
そんなイソフラボンは大豆に多く含まれることから、豆腐、納豆、豆乳など大豆製品はもちろんサプリメントも様々なメーカーから登場し人気を呼んでいます。
私は10代のころから生理不順に悩んでいましたが、30歳過ぎてイソフラボンを知り、意識して接種するようになってから生理不順がかなり改善されました。
それだけのみならずホルモンバランスが整えられたせいか、生理痛も軽くなったことには本当に驚きました。
イライラの減少にも効果があるようです。
つまり体にとって、ホルモン注射と同じような効果があったのです。
とは言ってももちろん万能薬というわけではありません。
他の栄養素を同じように、イソフラボンも過剰摂取は禁物です。
女性ホルモンと似た働きをするということは、イソフラボンの過剰摂取は女性ホルモンの過剰分泌と同じこと。
少し余計な程度であれば体外に排出されますし、そもそも日本の伝統的食生活では大豆製品を多く接種するもので、今までそれで大きな問題はありませんでした。
ですから大豆製品をたくさん食べる程度なら基本的に問題ありませんが、あまりにも過剰接種すると、動物実験では生殖器などの病気にかかりやすくなるといった論文が発表されました。
今のところ人の体では根拠になる数字は出てはいませんが、作用が強力なサプリメントは妊娠中・授乳中は控えたほうが無難な様です。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説