イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

プレ更年期の時にイソフラボンのサプリメントを飲みました

まだ30代前半だった時に、とても仕事が忙しく月に100時間以上残業して休みも1日か2日くらいしか取れない生活を2年以上続けていました。
毎日疲れていましたが、忙しいので食事も朝は食べず、昼も夜も外食ばかりを続けていました。
そんな生活を続けていると、時々すごく体が熱くなって汗を大量にかくようになりました。
寝ていてもパジャマがじっとりするくらい汗をかくのです。
汗は何の前触れも無く急に出て、急に引いていきました。
また眠りが浅くなって、夜何度も目が覚めるのも悩みの種でした。
まだ30代前半なのに、症状が更年期障害と同じような感じだったので驚きました。
調べてみるとプレ更年期というものがあるということを知りました。
ストレスが原因で女性ホルモンの分泌が悪くなったり自律神経が乱れてきて更年期障害と同じような症状がでるそうです。
30代の女性に多くみられる症状だとか。
治すためにはストレスをためないようにするのが一番良いそうです。
また女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンを摂取するのも良いそうです。
とりあえずまだ本格的な更年期を迎えたわけではないのでホットしましたが、ストレス解消する時間も余りとることが出来なかったため、イソフラボンのサプリメントを摂る事にしました。
イソフラボンは大豆に多く含まれているそうで豆腐や納豆なども食べるようにはしたのですが、外食が多かったのでサプリメントが一番手軽に確実に摂れる方法だったのです。
また仕事をするときも、合間合間にできるだけリラックスすることを心がけていました。
そうしているうちに、次第に汗を大量にかくことや夜中に目覚めることもなくなっていきました。
今は転職してもっと休みがとれる仕事に代わったのでサプリメントを飲むのはやめていますが、あの時はイソフラボンのサプリメントを飲んで体調が良くなったので助かりました。
女性の体はデリケートなのであまりハードな生活をするのは良くないですね。
今後本当に更年期を迎えたときには、また飲もうと思います。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説