イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

女性ホルモンを補うためイソフラボンを飲んでいます

閉経を迎えた頃から急に体の衰えを感じるようになりました。
鏡をみてみると肌にハリがなくなり目がくぼんでいるような感じで、小じわやタルミが目立ってきました。
若い頃に親戚の叔母などの目がくぼんでいるのを見て、年をとるとあんな感じになるのかなと思っていたのですが、やっぱりなりますね。
ぱっちりとした二重の目もなんだか小さくなったように感じるし、毛穴が目立つのも気になります。
やはり肌にハリを与えたりスベスベにしてくれる女性ホルモンが少なくなってきたのも大きな原因なんだろうなと思います。
あと女性ホルモンの分泌が減ることで脂肪のつき方も気になってきます。
女性ホルモンが減るとお腹まわりに内臓脂肪がつきやすくなり、動脈硬化などになりやすくなるそうです。
また血液の中の悪玉コレステロールが増えてくるようになります。
また女性ホルモンは骨の形成に役立つホルモンなので、減ると骨がもろくなりやすくなります。
閉経すると急激に骨密度が減ってくるので、心がけてカルシウムやビタミンCを摂り、運動をしないといけないそうです。
女性ホルモンの役割を知れば知るほど、閉経して分泌が少なくなったことが不安になってきました。
それで女性ホルモンを補う働きのあるイソフラボンのサプリメントを飲むことにしました。
最初は食べ物でとろうと思って毎日お豆腐や大豆を食べていたのですが、食べ飽きたのとさほど効果がみられなかったため、サプリメントにかえてみました。
飲み始めると肌が乾燥して荒れることが多かったのが、しっとりしてきました。
また肩こりがひどかったのが改善されてきたようです。
それと自分では気づかなかったのですが、家族から最近穏やかになったと言われました。
前は何かとイライラしていて話しかけにくかったそうです。
気持ちが穏やかになる効果もあるとはイソフラボンは様々な効果があるものなのですね。
これからもサプリメントを飲み続けることでどんな変化がでてくるか楽しみです。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説