イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンが含まれている豆乳のカフェオレ

私はカフェオレを飲むとき、豆乳を使います。
カフェオレを作るときは、大体牛乳を使ってコーヒーと混ぜるのではないかと思われるでしょうが、豆乳を使ってカフェオレを作りますと、また牛乳を使って作った味と違うまろやかな味わいを感じることができて、私は結構好きだったりするのです。
豆乳のほんのりした甘い味がコーヒーとマッチしまして、牛乳を使って飲むこともありますが、時々豆乳に変えて、カフェオレの味を楽しむのです。
初めて豆乳を使ったカフェオレを飲んだのは、私がよく通うカフェでソイラテを販売していまして、ものめずらしいと感じた私は思わずオーダーして飲んだことが切っ掛けだったのです。
ソイは日本語に訳しますと豆乳なのです。
コーヒーはカロリーがほとんどありませんし、砂糖を入れずに豆乳を入れてカフェオレを飲みますと、まったりとした味わいの栄養成分が含まれたカフェオレを飲むことができます。
豆乳にはイソフラボンが含まれておりまして、イソフラボンには女性ホルモン作用をもつ天然成分でして、女性には嬉しいものなのです。
ですが取りすぎは良くありません。
月経不順がおきる可能性があるので、あまりにも取りすぎてしまうのは、体にかえって悪影響なので、バランスよく摂取することが大事なのです。
イソフラボンに限らず、なんでも良い成分だからといって、あまりにも取りすぎてしまいますと体の毒となってしまいます。
カフェオレの量の豆乳ですと、1杯くらいでしたらそんなに多く摂取することがありませんから、カフェオレで飲むことは本当にお勧めできます。
好きな無糖のブラックコーヒーに入れて混ぜて飲むだけですので、簡単に作ることができますし、朝に飲みますとコーヒーのさわやかな香りで気分が良くなります。
毎日カフェオレを牛乳で造って飲んでいる人で、少し牛乳の味に飽きてしまったと感じた人は、1度豆乳を使ってカフェオレを作って飲んでみるのも、良い方法になるかと思います。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説