イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンとカプサイシンの関係

女性でも薄毛に悩む方は意外と多くいるのではないでしょうか。
そんな方には、唐辛子と大豆を組み合わせたスペシャルメニューが効果的といわれています。

唐辛子には、「カプサイシン」という物質が含まれています。
これは一時的に血行を促進する効果があり、身体の血流を良くしてくれるものです。
たくさん七味をふったうどんやそばを食べると汗をかきますが、これはカプサイシンの効果によるものです。

そして、大豆には「イソフラボン」という成分が含まれています。
イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをしてくれるもので、女性ホルモンが減ってきている更年期の方やホルモン不足の女性に大変おすすめの成分です。

これらを同時に摂取した場合、人の体内に存在する物質「IGF-I」が増えると言われています。
IGF-Iはインスリン様成長因子のことで、髪の毛の成長に関わってくる重要な物質です。
これを増やすには知覚神経がある程度刺激されることが重要な要素となります。
そのため、辛さを感じさせてくれるカプサイシンはもっとも適しているというわけです。

そして、そこにイソフラボンを付加します。
これによって女性ホルモンとしてのイソフラボンのはたらきが強化され、身体の中のIGF-Iが増えたことと相まって体調が良好に保たれ、育毛にも効果が出てくるのです。
ちなみに、カプサイシンとイソフラボンの効果は育毛にばかり焦点が当たりがちですが、実際体調を整えるうえでもこの二つの成分は効果的です。
代謝改善や、血流改善に対して大きな効果があるとされています。

カプサイシンとイソフラボンが同時に食べられるメニューといえば、代表的なのは「麻婆豆腐」がもっとも親しみやすい食べ物です。
豆腐料理に七味唐辛子を振っても美味しく食べられそうです。
IGF-Iは特に夜に増加するといわれているので、これらの特別メニューは夕食にするとさらに育毛効果が得られるかもしれません。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説