イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンが含まれる食材

女性に人気の成分「イソフラボン」は体内における抗酸化作用のほか、女性ホルモンに似た働きをしてくれることで有名です。
更年期障害を抑制・改善する効果や、骨粗しょう症の予防などにも効果があるといわれています。

イソフラボンを多く含む食材としては、大豆や豆腐、納豆、豆乳、厚揚げ、おから、きな粉、ゆば、みそなどの大豆製品に多く含まれます。
なかでも大豆の加工食品に多く含まれているということなので、普段の食生活にも気軽に摂りいれられるのではないかと思います。

これらの食品を効率よく摂取するには、イソフラボンの一日の必要量40mg前後を目安として、納豆では1パック、豆乳ではコップ1杯ほどの量を摂ることを心がければ良いでしょう。
一日にとりたいイソフラボンの目安量は年齢によっても変化しますがが、大体80mg程度と言われており、ちょうど豆腐1丁がこれに当たります。
一日2回以上、こまめに大豆食品をとってあげることで体内のイソフラボン濃度を常に高く維持することができるので、体調不良にも改善効果が期待できます。

外国でも評価の高い和食はこれらのイソフラボンが多く含まれているので、健康維持のために非常に有効な食事といえます。

また、原材料である大豆に含まれる、たんぱく質や脂質、ビタミン類を多く含んでいる大豆製品は、イソフラボンを抜きにしても非常に健康に良い食品です。
これらの栄養素は基本的に毎日摂取しなければならないものですが、特におすすめなのが「豆乳」です。豆乳は大豆を直接使用した飲み物ですので、大豆本来の栄養素を吸収できるだけでなく、飲み物として非常に体内への吸収率がよくなっているので、大豆を直接咀嚼して取り込むよりもずっと効率的な食材といえるでしょう。

毎日の健康を支えるものは、食生活が中心であるといっても過言ではありません。
食物繊維やビタミンなども重要ではありますが、ぜひ積極的にイソフラボンが含まれる食材を摂取するようにしたいものです。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説