イソフラボンでアンチエイジング

ダイエットやヘルスケアなどについても解説します!

イソフラボンを「丁寧に」解説するサイト
画像

イソフラボンを摂り過ぎた場合

美容効果に注目される「イソフラボン」ですが、心配になるのが過剰摂取の問題です。
ふだん大豆を食べるようにして、さらにサプリメントも飲んでいるけれどそれは過剰摂取にあたるのか?
と心配になる人もいるかもしれません。

そもそも過剰摂取というのは、大豆食品ではなく、
サプリメントなどからイソフラボンを1日に150mg以上を摂取した場合のことを指します。

食品安全委員会がまとめた「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」では、
1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値を70~75mgとし、
そのうち、サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまでが望ましいと定めています。

その理由としては、イソフラボンの効果によって女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があり、
月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などのリスクが高まることも報告されていることがあげられます。
閉経前の女性が過剰に大豆イソフラボンを摂取すると、血中のホルモン値が変動したり、あるいは月経周期が延長することなどが知られています。

そのほかにも、卵巣や精巣といった生殖器官に対して有害作用が報告されています。
そのため食品安全委員会では、妊婦や乳幼児、小児などが、
特定保健用食品として普段の食事に追加して大豆イソフラボンを摂取することを推奨していないということです。

しかしながら大豆の成分の中には、イソフラボンの過度の吸収を妨げる働きのある成分が含まれているため、
いつものように大豆製品を食べたからといって、いきなり月経周期が遅れる、
子宮に問題が生じるなど身体に悪影響を及ぼす危険性は心配ありません。

みそ汁、枝豆、納豆など、食品の形で摂取した場合は、大豆イソフラボンを体内に取り込みすぎることはないのです。
自分ではイソフラボンが足りていない!と思っていても、サプリメントを過剰に飲みすぎたりすると、「良薬」も転じて「毒」となってしまいますから、注意が必要ですね。

メニュー

コレを使ってみて欲しい!

知識解説